07.23
Wed
6ページ分の最終ページ


怪異譚 P6
らくがき的な短編なので、まぁ、こんなものかと・・・

前ページより時代が流れました。 当初、 "若者" は男児・おじさん を象徴するキャラにするつもりでしたが、
ストレートすぎるかなと思い、 妖猫視点の関わりがあるほうへと、ひねりを加えてみました。

日常的な中で、世代の違う小供たちに 忘れていた何かをみたり、 遠い記憶の中の自分を感じたりしたうえで、
実体験的の想いに妄想や想像のテイスト加えたものが、最終ページには反映されているのかもしれません。

なんとなく 妖猫が少し 幼女化 したように思いますが・・・
そんな流れで、次は この妖猫のキャラで 全く毛色のちがう ゆるーい コマまんがを再び描こうと思っています。



comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mashou02.blog.fc2.com/tb.php/190-6a55f7b7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top